マンションを貸したいので不動産会社に登録をしました

購入したのに、海外勤務

マンションを貸したいので不動産会社に登録をしました【東急リバブル】

数年前に付き合っていた恋人と入籍したので、新居として駅からほど近い立地の良いマンションを購入しました。
中古マンションでしたが、内装部分と設備は完全リフォームになっていたので、とても住みやすくて満足のできる住まいでした。
しかしその後、会社で海外勤務をしてくれないかだと打診されたので迷うようになりました。
妻は海外勤務を終えたら昇進できる可能性もあるし、仕事にやりがいを感じているのなら行くべきだと背中を押してくれました。
海外勤務には妻も随行してくれると言ってくれたので、海外に行くことを決心しました。
しかし当然ながら、今まで住んでいたマンションは長期間の留守になるので、放置しておくことはもったいないのではないかと考えるようになりました。
住んでいなくても、住宅ローンの返済をしなければなりませんし、管理費も毎月支払わなければなりません。
会社から海外勤務の手当が出るため、金銭的には何の問題もありませんが、とても立地の良いマンションなので遊ばせておくことはもったいないです。
いつ日本に帰国することになるのか予想ができないので、いっそのこと売却をしようかとも考えました。
そこで不動産会社に相談をして、売却した場合の査定額を出してもらうことにしました。
自分の中で売却したらこのくらいだろうかという予想金額がありましたが、実際に査定してもらった金額とは開きがありました。
想像よりも安い査定額だったので、これなら売却するよりも手元に残しておいたほうがいいと思いました。
それにもし売却するにしても、今の値段はかなり底値に近いと感じたので、売る時期を遅らせるという方法も選ぶことができるからです。
そこで不動産会社には売却するのではなく、マンションを貸したいときはどうすればいいのかを問合せをしました。
そうしたら借りたいと考えている人を見つけて仲介をしてくれるサービスも行っているということを教えてもらったので、お願いすることにしました。
手数料を不動産会社に支払わなければなりませんが、誰も住まずに置いておくよりも、誰かに借りてもらって家賃収入を得るほうがいいと考えたからです。
家賃をいくらに設定すればいいのかわからなかったので、様々な契約事は信頼できる不動産会社に任せることにしました。
同じような間取りで同じ立地にある他の物件と照らし合わせて、家賃を算出してもらったら、納得できる金額だったので安心しました。
所有しているマンションはファミリータイプで、広々としていたことから人気があったようで、物件情報を広告で出したところすぐに複数の問合せが寄せられたと教えてもらいました。

購入したのに、海外勤務 / 売却よりも、貸す!